Blog

訪問美容のいま。

おばぁちゃんは美容師でした。
Attractの塚原です。
子どもの頃はおばぁちゃんに
切ってもらってましたね。

そんな今日は、

月に1度の訪問カット。

 

 

特別養護老人ホームに行ってきました。
行くたびに思うことは高齢化は
着実に進んでいるという現実。

 

 

 

自分が渋谷や、神泉という
いわゆる若者、働き盛り世代の人が
多い地域で働いているだけあって
少子高齢化はあんまり、
ピンときてなかった訳です。

 

 

この特別養護老人ホームでは
いつも切ってる方もいれば、
初めましての方も毎回、
何人もいますからね。

 

 

カットの内容は基本的に、
女性も男性も短めが基本です。
長いと、介護士さんが乾かすのも、
洗うのも大変ですしね。

 

 

それでも、女性は女性らしいショートになるよう気をつけてる。男性は、、、若い時とそんな変わらないだろうなww

 

大体切ってる時はこんな感じに。

 

 

 

まぁ、普段の美容室でのカットとは
全然違います。

首あげられなかったり、お客様の
肩のところに車椅子の持ち手が
あったりして、切ってる側からしたら
か、な、り、、
イレギュラー。

 

 

それでも終わった時には
ありがとうございます。
ニッコリ笑顔で言って
頂けることもあるので、
やりがいはバッチリ。

 

 

この訪問カットとか訪問美容って分野は
今後、どんどん増えて行くはず。

 

 

でも、法律的にしばりがあって、

離島や山合いの場合、
社会福祉、医療施設、刑務所などへの
訪問カットはOK。
あとは結婚式、映画・演劇のメイクもOK。

これ以外は原則として認められてません。

 

 

 

なので、美容師がお客様の家に行って、
髪を切ってお金をもらうのはアウト!
なんですよね。

 

 

この法律自体は、
影では美容室や美容師を守る法律でも
あるはずなんだけど、
ウン年前の法律だから、
現代に合わせて
法整備をしてもらいたいな。

 

 

きっと訪問美容に関する、必要な声が
高まらない限りはないんだろうけどね。

 

 

 

よーし、
では今日はこの辺で。

スポンサーリンク
記事が役に立ったらシェア
塚原 涼太をフォローする
髪質改善 縮毛矯正が得意な美容師 渋谷神泉のAttract 塚原涼太のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました