Blog 【Q&A】 筋トレ

美容の大敵、糖化をなるべく避けるには?

Blog

AGEsってなんやねん!!の声に応える、
Attractの塚原です。


初めての方は、こちらで自己紹介。
自己紹介リンク 
ツヤ髪セミナーも来期の募集がスタートしてます。
→ツヤ髪セミナー詳細リンク
レンタル塚原に関しては下からどうぞ。
→レンタル塚原詳細リンク
育毛発毛セミナーに関しては下からどうぞ。
→育毛発毛詳細リンク


AGEs(糖化)について
耳にする機会が増えたんじゃないでしょうか。
簡単に言ってしまうと、
糖化=〇〇と思っても的外れではない。

 

それは、

老化。

 

「糖化」とはたんぱく質に糖が結合する現象で、糖化による最終生成物を「AGEs(advanced glycation end products:終末糖化合物)」と呼びます。血管で糖化が起こると、AGEsの蓄積により毛細血管障害が起こり、肌の真皮ではコラーゲンの糖化により線維が固くなり、ハリ弾力の低下を引き起こす等、肌老化の原因の一つになると言われています。

『表皮細胞』の糖化が、肌の透明感を左右することを解明 | ロート製薬株式会社

 

 

糖化で分かりやすい例が、、

玉ねぎを炒めて茶色になる

パンケーキが茶色くなる

パン、米のこげ

なんかかなと。

 

 

 

体の中に糖分が多くある状態が
長く続くようだと起こりやすい。

体の中、つまり血液中に糖分が多いのが
「血糖値が高い」
なんて言いますがこの状態が長く続くと

AGEsが増える→肌の細胞にくっついたら→
ハリや弾力が失われる→老化現象

みたいな感じですかね。

 

 

糖質制限なんかもこの「糖化」には
かなり有効なんですが
運動量やライフスタイルによって
向き不向きはあるかなと。

こと僕みたいな筋トレマンだと
糖分をとることで筋肉がつきやすくなったり
筋肉を動かすエネルギーになるので
糖分は必要かなと。

 

 

上にも挙げた通り、

「血糖値の高い状態が長く続かない様にする」

ということで糖分をとっても、
糖化が少ない状態に出来る。

 

なので食後血糖値を下げるなら
食後1時間程度で軽く歩いてみたり
階段登り下り的な運動は有効ですね。

また、筋トレ後なんかは
食べた炭水化物が筋肉に吸収されやすいので
糖化という面においても有効ですかね。

 

 

アンチエイジングはずっと叫ばれてる
至上命題ですけど、するべきことや
避けるべきことってある程度
決まってますねぇ。。

「適当」な食事、運動。

この「適当」が難しいんですけど
僕に出来るアドバイスは美容室でも
出来るので施術中にでもお話しします。

ではまたー。

スポンサーリンク
記事が役に立ったらシェア
塚原 涼太をフォローする
髪質改善 縮毛矯正が得意な美容師 渋谷神泉のAttract 塚原涼太のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました