Blog 【Q&A】 ヘアスタイル

カラーはどこまで写真の色に近づけられるの?

スポンサーリンク
Blog
スポンサーリンク

営業後に20分昼寝したら元気!!
Attractの塚原です。


初めての方は、こちらで自己紹介。
自己紹介リンク 
ツヤ髪セミナーも来期の募集がスタートしてます。
→ツヤ髪セミナー詳細リンク
レンタル塚原に関しては下からどうぞ。
→レンタル塚原詳細リンク
育毛発毛セミナーに関しては下からどうぞ。
→育毛発毛詳細リンク


ブログ書こうとしたらとんでもない睡魔でした。
そんな時あるよね?笑笑
いや、ないか。。

 

ということで今回は、
「カラーはどこまで写真の色に近づけられるのか?」
なんて質問を受けて、
「おお、そうか、、それも疑問よな。」
と腹落ちしたのでブログに。

例えばこちらのお二方。

この写真のお二人は当然知り合いではなく、
カラーの仕方も異なり、さらに髪質も違います。

 

左の方は髪質は細めで柔らかめ。
右の方は硬めでハリのある髪質。

比較的、髪質は細め柔らかめの方が
黄色っぽくなりやすく、
ブリーチなしでも明るくなりやすい。

ですが、髪質も考慮して
カラー剤のパワーを弱めていたりするので
そこまで明るくなってなかったのと
短期間で理想の髪色にするために
ブリーチを細めのハイライト状に
入れることでこの髪色に。

 

逆に硬めでハリのある髪質の方が
抜けづらいですが抜けた時のツヤ感は
細めの髪質より出やすいかなと。

こちらのお客様の場合は
カラー頻度がかなりマメ。
具体的には2週間に一度のフルカラーなので
ダメージもありますがカラーの深みが
違うんですよねぇ。

一発ブリーチ、被せカラーには出せない
奥行きのあるカラーというか。

 

とはいえ見比べると
ほぼ同一カラーには出来ているかなと。
当然使ってるカラーレシピもほぼ同じ。

 

じゃあ「真っ白がいい」とか
灰色系のグレーがわかる仕上がりがいい!
と言われるとブリーチ(2回以上)に
髪が耐えられるのか否かが問題。

カラー出来たとしても
切れ毛、チリつきが出るので
その辺のバランスを加味すると
細め柔らかめの髪質の方は
色は近づけられるものの、
おそらく切れるので難しいかなぁ。。

というのが僕の思うところです。

 

基本的にカラーは縮毛矯正、髪質改善と
違っておおよそ大手5社くらいが
一般的にサロンで使われている
カラー剤を作っていて、
ヘアサロンオリジナルカラー剤って
ほぼ存在しません。

 

つまるところ、Attractだろうが
カラーに特化した店だろうが
使うカラー剤は一緒なので
極端に違いは出ない印象ですね。
あとは美容師の力量次第。
(超格安店はこれには例外だったりしますが。)

 

基本のベージュ系カラーであれば
出せないカラーはないと思って大丈夫です。
(真っ赤の髪色のビフォーで仕上がりはグレージュがいいって言われるとキツイんですけどww)

とまぁカラーってシンプルなんですけど
奥深くてなおかつ美容師の力量も試される。
今回のご紹介したパターンのように
道筋が違くても近いゴールには
寄せられるのでぜひご相談ください!
ではまた。


お名前:
メニュー:
ご希望のお日にち、お時間:
備考:


↑をコピペして入力して
ご予約LINEを頂けると
めちゃくちゃ助かります!!!
それではお待ちしておりますー。

ほいではまたー

スポンサーリンク
記事が役に立ったらシェア
塚原 涼太をフォローする
スポンサーリンク
髪質改善 縮毛矯正が得意な美容師 渋谷神泉のAttract 塚原涼太のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました