髪質改善に必要なことはこれ。

  • LINEで送る

合宿のため、江ノ島に移動中です。
Attractの塚原です。


初めての方は、こちらで自己紹介。
自己紹介リンク 
ツヤ髪大学も来年の募集がスタートしてます。
→ツヤ髪大学詳細リンク
レンタル塚原に関しては下からどうぞ。
→レンタル塚原詳細リンク


今日のブログは美容師さん向けです。
お客さまが読んでも問題ないですが
専門用語も出すので悪しからず。

ツヤ髪大学の講師として
髪質改善の技術を教えていますが

 

はたして、

リピートまで完全に教えているのだろうか。

 

そして髪質改善ストレートと
髪質改善トリートメントをどう
オススメして2回、3回と継続して美髪を作るのか。

 

 

実は僕もここまで教わったわけではなく
自分で感じて、特殊な薬剤を
モデルさんに試させてもらって

 

今に至る、自信を得てるわけですが

捻転毛に対するアプローチも
細毛軟毛に対するアプローチも

実は技術的なほんの少しの違い。

 

 

明らかに違うのは、

お客さまが求めるゴールがどこなのか?

それを探し当てるのが
美容師の務めかと思っています。

 

 

みんながみんな、まっすぐサラサラが
好きというわけでもなく、

まっすぐサラサラは
ボリュームのないペタ毛ともいえます。

アホ毛をなくしたい。
毛先の引っかかりをなくしたい。
クセをとにかくとりたい。
クセを取りたいけど不自然にしたくない。
ハイダメージだけどボリュームダウンしたい。

 

 

どれも技術的なアプローチは
髪質改善トリートメント、
髪質改善ストレートで叶えられますが
どう説明するかはあなた次第。

 

 

そして技術ができても、
お客さまが欲しい質感、仕上がりでない
ならリピートはありません。

 

 

僕自身も本質に気づくまでに
時間はかかりましたが

カウンセリングが全てです。

 

 

ペーシング、ラポールなんて
専門的なアプローチはいりません。

 

 

自分が出来る髪質改善の仕上がりを
細かく説明していくだけ。
そして出来ないことはできないと
説明していくだけ。

 

 

つまり自分がお客さまの髪にどんなことを
出来るのかを伝えていく。
それが1回で出来るのか、3回かかるのか。

だから経験は必須。

(受講生の方の仕上がり。)

 

 

 

でもそれが出来ていない美容師さんが
多いのかなぁ。。

 

 

後は縮毛矯正自体に苦手意識があるから
やりたくないオーラが出ちゃってるとか。

カットは二人三脚で教わっても
縮毛矯正はなんとなくこんな感じ。

みたいな教わり方が多いので
2019年のツヤ髪大学では
新たなコースも開設して
圧倒的成長を感じてもらえれば。

友だち追加

では今日はこの辺で。

  • LINEで送る

🔽気になることがあれば相談はこちら⬇️

24時間365日予約を受け付けてます。

お問い合わせ、相談から雑談までLINEからどうぞ。

まだ登録がお済み出ない方はお早めに☆

 


予約、相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.