インナーカラーが入っていても縮毛矯正が出来る。

  • LINEで送る
広告

お決まりの髪質改善ブログ、
Attractの塚原です。


初めての方は、こちらで自己紹介。
自己紹介リンク 
ツヤ髪セミナーも来期の募集がスタートしてます。
→ツヤ髪セミナー詳細リンク
レンタル塚原に関しては下からどうぞ。
→レンタル塚原詳細リンク
育毛発毛セミナーに関しては下からどうぞ。
→育毛発毛詳細リンク


今日は初めましてのお客様の
髪質改善ストレートとカットの
ビフォーアフターです。
ということでビフォー。

 

インナーカラーが入ってます。
ブリーチを使ってのカラーが半年前、
縮毛矯正が去年の6月頃なので
9ヶ月ほど経ってる状態。

 

インナーカラーが入っていても
クセを伸ばすことは可能ですが
今回のお客様の様に、
クセが気にならない状態であれば
薬剤をつけるよりも
髪質改善トリートメントで
ケアに重きを置くのが鉄則ですね。

 

あとは根本のクセが場所によって
強さが違うことも極々一般的です。

 

後頭部のあたりが1番クセが強く、
顔まわりなどはそこまで強くない方や
その逆もあったりしますが
やり方や薬剤の力加減でいくらでも
調節できます。

てな感じで仕上がりはというと…

 

カットは6cm程度切って
量を減らすのはクセが気にならないように
配慮しながら最低限減らしました。

全く減らさないのも
乾かすことに支障が出るし、
耳裏など乾きづらいところは
量を減らしてもうねりが気になりにくいので
髪の状態や量をみて微調整ですねぃ。

 

縮毛矯正系のメニューに合わせた
カットはもちろんあって、
やたらと減らしすぎるのも全く減らさないのも
個人的にはダメだと思ってます。

 

髪の生えグセや毛流れなんかも
考えながらカットすると
扱いやすさが増しますよー。

といった感じも参考に。

ではまた。

広告

  • LINEで送る

🔽気になることがあれば相談はこちら⬇️

広告

24時間365日予約を受け付けてます。

お問い合わせ、相談から雑談までLINEからどうぞ。

まだ登録がお済み出ない方はお早めに☆

 

広告


予約、相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

instagram

Youtube【Ryota Ch】

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください