Blog

もはやプチ整形じやないよなぁ。むしろ普通。

Blog

髪質改善やったことある人は
美容クリニックメニューを
経験してる方が多い気がする。
Attractの塚原です。


初めての方は、こちらで自己紹介。
自己紹介リンク 
ツヤ髪セミナーも来期の募集がスタートしてます。
→ツヤ髪セミナー詳細リンク
レンタル塚原に関しては下からどうぞ。
→レンタル塚原詳細リンク
育毛発毛セミナーに関しては下からどうぞ。
→育毛発毛詳細リンク


というのもこんな、
ほー。。っと目からウロコな記事が。

「プチ整形」が「整形」でなくなる日
https://www.mylohas.net/2020/08/218694obasan06.html

今から30年以上前、1988年に刊行された酒井順子さんの『お年頃 乙女の開花前線』(主婦の友社)にはこんな下りがあります。

————————————
ストレートパーマをかければいいという意見もあります。確かに、ストレートパーマは、現代の女の子にとっては、画期的な方法、魔法のようなものです。その誘惑は大きいのです。ただ、ストレートパーマは、普通のパーマと違って、気軽にかけられないんですよね。パーマというよりは、整形の部類に属するような気がして、それに、もしも誰かに、「きれいな髪ね。真っすぐで」
なんてほめられてしまったら、答えようがないじゃないの。
「実は、ストレートパーマなの」
なんて言うのは、
「この二重、整形なの」
と言うのと同じくらい恥ずかしそう。本当に、美容師さんも、罪なものを開発してくれたものです。
(『お年頃 乙女の開花前線』(主婦の友社)より引用)
————————————
なんと「ストレートパーマ」が「整形の部類に属するような」感覚だったようです。

以上上記リンク内引用

 

 

ほー。ってなりますなぁ。。
縮毛矯正に関しては
せいぜい30年くらいの
歴史しかないんですけど
この頃は画期的だったのかもですね。

記事内にあるような
ボトックス注射、ヒアルロン酸とかって
顧客の方でもやってる方は多いし
なんだったらハイフとかその辺りも
結構一般化してるよねぇ。
なんて印象。

 

あるお客様の話だと
「髪キレイにするよりもハイフとかにお金かけた方がコスパいいよね。」
なんて意見もありましたねぇ。

その意見の真意でいえば
女性の異性モテに繋がるのは
髪も重要だけどやはり肌。

 

個人的にはこういう美容系に
お金を使うってのは大いにアリだと思う。
美容師的にはもちろん、
髪にお金をかけて欲しいというのは
本音ですけど、美しく見えるのは
容姿だけじゃなくて自信によるもの大きい。

ん?矛盾してね?
ってなるところですけど
「あぁ、わたしってかわいいわ。」
ってのはかわいいを積み上げた先にある
内なる自信に繋がるので
すごい大事だと思う。
(根拠のない自信もたまには大事)

 

例え髪がキレイになっても
「いやぁ、私なんて…」
ってメンタリティだと
キレイに見えないですからね。

そこを自信持たせるのも
美容師の仕事だと思ってますけど
美容系のものに課金することで
得られるならそれもいいじゃないですか。

と思う美容師の戯言ですた。
ちなみに僕は筋トレのおかげで
自己肯定感高めな人なので
美容系には手を出さなくてもいいや。
ってタイプですw


お名前:
メニュー:
ご希望のお日にち、お時間:
備考:


↑をコピペして入力して
ご予約LINEを頂けると
めちゃくちゃ助かります!!!
それではお待ちしておりますー。

ほいではまたー。

スポンサーリンク
記事が役に立ったらシェア
塚原 涼太をフォローする
髪質改善 縮毛矯正が得意な美容師 渋谷神泉のAttract 塚原涼太のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました