【検証】グレー、シルバー系の髪色にするならブリーチは最低、何回必要?

  • LINEで送る
広告

久々の検証ブログ。
Attractの塚原です。


初めての方は、こちらで自己紹介。
自己紹介リンク 
ツヤ髪セミナーも来期の募集がスタートしてます。
→ツヤ髪セミナー詳細リンク
レンタル塚原に関しては下からどうぞ。
→レンタル塚原詳細リンク
育毛発毛セミナーに関しては下からどうぞ。
→育毛発毛詳細リンク


顧客の方から要望があって
とある実験をしてました。
というのも明るめのグレー、シルバー系の
カラーをしたいというお客様。
もちろんブリーチは…

 

必須です!!

 

ということで他のお客様でバッサリ切った時の
毛束を用いて実験してみたので
ご査収くださいませ。

まずは毛束を用意。
黒染めほど濃くない、暗めのカラーを
してある髪ですね。

(大体5トーン。毛先は6、7トーンかな。)

とはいえ、明るくなりづらい髪ではある。

 

太め、硬めの髪の場合は
ブリーチもなかなか抜けづらい。

逆に細め、柔らかめは一回でも
明るくなる、けどダメージも感じやすい。

 

今回の毛束は太め、硬めの髪で
なおかつ暗めのカラーがしてある
割とブリーチが大変な髪。

ということで1発目。

 

30分放置。流してこんな感じ。

 

ブリーチ2発目。

30分放置。温めたりせず、
そのまま自然に30分置いただけね。

 

そこそこ抜けた感がありますけど
まだオレンジ感が残ってるので
これだとグレー、シルバーにはなりません。
いいとこグレーベージュ、
いわゆるグレージュ止まり。

目指すは左の目安、せめて17トーン以上。

 

3発目。

30分放置。

 

やっとこの辺まで抜けました。
ここいらでようやくグレー、シルバーが
出るギリギリのライン。
よりはっきり色味を出すなら
太め硬めの髪ならもう1発いきたいところ。。

まぁでも今回は実験なので
この辺で良しとして、
紫シャンプーを使って
髪に色が乗りやすいベースを作ります。

 

 

こんな感じのシャンプー。

個人的にはシュワルツコフの
グッバイイエローシャンプーがお気に入り。
流してこうなる。

見比べるとやや白みがかかる
髪色になりました。

 

でようやくグレー、シルバーに寄せて
いきますがまだ黄色が残ってるので
紫をほんのり混ぜます。

そうでないと髪の黄色とグレーが
嫌な混ざり方して
緑っぽい濁った色になるんですわ。。

 

で洗い上がりはこんな感じ。

 

乾くとメタリック感が抜けて、
こういう風になります。

 

ちなみに使用薬剤はメイリーの9.5トーンに調整したグレーとオルディーブのバイオレットで
今回は6:1で染めました。

 

逆に仕上がりでも
濃い色味やメタリックな色にしたい場合は
現状だと、マニックパニックなど
カラーバター系を使うのがオススメ。
カラー剤では仕上がりでメタリック感が
出にくいものが多いですね。

(アトラクトでは需要ないので在庫はありません!前もって言ってくれたら用意しますw)

 

個人的には一般的なお仕事をされてる場合なら
メタリックな色味よりも
カラー剤で表現するグレー、
シルバーの方が馴染みがいいかなと。

とはいえ明るいから目立つけどねw

 

派手カラーはブリーチ勝負。
ダメージは間違いなくありますが
デザインでいくぜ!なら大いにアリ。
時間もお金も労力もかかりますが
一度は試してもいいと思います!

 

参考になれば幸いです。
ほいではまた。

ほいではまたー。

広告

  • LINEで送る

🔽気になることがあれば相談はこちら⬇️

広告

24時間365日予約を受け付けてます。

お問い合わせ、相談から雑談までLINEからどうぞ。

まだ登録がお済み出ない方はお早めに☆

 

広告


予約、相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

instagram

Youtube【Ryota Ch】

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください