Blog 改善事例

カルピスの希釈は縮毛矯正でも…

カルピス好きのAttractの塚原です。

 

カルピスに限らず、乳酸菌飲料って
好きなんですよねー。。

 

マミーとかピルクルとか笑

こういう、、

 

希釈出来るカルピスは濃いめが好み。

 

まぁ飲めるのは今のうちで、
身体を絞るぞ!
なんて思い始めたら
飲むこともなくなりますが笑

 

砂糖たくさんの飲み物ですからね。。

 

 

そんな希釈できるカルピスですが、、

 

 

Attractで使っている、髪質改善ストレートの薬剤も希釈して強さを変えるんですよ。

(普通の薬剤はそのまま使用します)

 

 

例えば、クセが強めの髪質の場合なら

 

 

1:1
カルピスと水でいえば
ど甘いカルピスですねw
口の中に何かが貯まります。。

 

 

クセが弱めの髪質なら

 

1:5
カルピスでいえば、やや薄めなカルピス。
ただ、僕にはちょいと爽やかすぎるかな。。

 

そんな具合で薬剤の強さをコントロールして
ダメージを残さない工夫をしています。

 

ここまででいう、
「カルピス」が濃ければ濃いほど
クセが伸びる、なんてシステムなんですけど

お好みで変えられるのが

便利、と考えるのか、めんどくさい、と考えるのかで

全然違います。

 

よくあるコンビニに置いてある、
カルピスは一定の決められた濃さですが

 

ある人にとっては薄い、

ある人にとっては濃い、

 

なんて好みが出るのは当然なんじゃないかな。

 

 

実は縮毛矯正の薬剤も
髪質によって変えてあげると
満足度に差が出ます。

 

もちろん、仕上がりにも差が出ます。

 

 

100人いたら100通りの薬剤選択と、
100人いたら100通りの好みがありますからね。

 

 

そんな具合に薬剤選択も考えていました。

実際にはそれ以外にも配慮していることは
たくさんありますが、今日はここまで。

 

ではでは。

 

 

逆にカルピスだとわかりづらいかなww

スポンサーリンク
記事が役に立ったらシェア
塚原 涼太をフォローする
髪質改善 縮毛矯正が得意な美容師 渋谷神泉のAttract 塚原涼太のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました