髪質改善トリートメントカラーのオススメカラーは。

  • LINEで送る
広告

週末は営業予定です。
Attractの塚原です。


初めての方は、こちらで自己紹介。
自己紹介リンク 
ツヤ髪セミナーも来期の募集がスタートしてます。
→ツヤ髪セミナー詳細リンク
レンタル塚原に関しては下からどうぞ。
→レンタル塚原詳細リンク
育毛発毛セミナーに関しては下からどうぞ。
→育毛発毛詳細リンク


不要不急の外出の不要ではなくとも、
不急ではあるかな。。なんて自覚はあるので
しょうがないな、、という感じ。

今回は髪質改善トリートメントカラー。
ということでいつものことながら
ビフォーですねぃ。

 

 

まとめていたのでクセ感がありますが
基本はストレート毛のお客様。
「カラーの色がやや抜けてきた感があるけど、あまり雰囲気は変えたくない」
というオーダー。

こういう、ちょい気になるけど
あんまり変えなくてもいいかなぁ?
というお客様も多いのではないかと。

 

髪をキレイにする、という考えからすると
かなり大事なことなんですけど、

明るめから暗めや、その逆をやったり
明るい、暗いを極端にやるのは
あんまりオススメしない。
色味でも赤っぽい色から、
くすみ感のあるアッシュ系の色への
カラーチェンジも同様。

 

安易なカラーチェンジよりかは
同系統のカラーを続けるのが
美髪で考えれば吉。

 

「美髪よりもデザインだぜぃ!!」

 

という方もそれはそれであり。
ただ、現状の美容だと
同時に髪のキレイを維持するのは
なかなか難しいことを
ご理解頂ければ、と思います。

 

といったところで
脱線しましたがこちらのお客様も
グレー系のベージュにほんのり
バイオレットを混ぜたカラー。

 

元々の肌の色や髪の色、髪質をみて
バイオレットの量は微調整。
今回のお客様は色白で髪も柔らかめなので
バイオレットは僕の中の普通より、
やや多めだったりする。

黄色っぽく抜けやすいのも
バイオレットやや多めで
どうにか出来たりもしますからねぇ。

 

髪質改善トリートメントは
いつも通りにサラッとツヤっと。
なんか髪質改善がおまけみたいになってもうたw

 

以前に比べればトリートメントとカラーを
同時に施術してもカラーの弊害が少ないので
時短を大事にする方ならオススメ。

クオリティを大事にする方なら
1週間程度空けてからカラーをした方が無難。
参考になれば幸いです。

ほいではまたー。

広告

  • LINEで送る

🔽気になることがあれば相談はこちら⬇️

広告

24時間365日予約を受け付けてます。

お問い合わせ、相談から雑談までLINEからどうぞ。

まだ登録がお済み出ない方はお早めに☆

 

広告


予約、相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

instagram

Youtube【Ryota Ch】

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください