責任を取るということ

  • LINEで送る

成人の日はハレノヒ騒動でしたね。
Attractの塚原です。

 

成人の日、当日に晴着を出さないとか、
本当に迷惑極まりない。

今年、ハレノヒで振袖を注文した方は
かなり大変だったでしょうね。

 

美容室においては
髪だけならずとも、
晴着がなければどうにか用意しよう、
って思うのが美容師です。

 

んでも、晴着がないのは
かなり厳しい。

 

髪だけセットしてもしょうがないですからね。

 

新成人の責任を負うという意味では
美容室も同じですよね。

 

できることはあきらめずにやる。

 

一部の美容室では呉服屋さんに、
「晴着余ってないですか?」
みたいな電話ラッシュもしたそう。。

 

当然といえば当然なのかもしれないけど
素晴らしい心意気だと思う。

 

責任を負うという意味ではぼくも、

縮毛矯正の失敗。

 

 

 

 

でイマイチな縮毛矯正がありました。

 

 

伸びが甘い。。

 

そんな縮毛矯正だったら、
絶対にお直しをします。
その日が無理なら、後日に。
だってそうでないと申し訳ない。

 

 

必ず、ツヤツヤに。
そしてサラサラに。

 

 

って事でこれからお直しをさせて頂きます!

 

 

ではそんな内容はこの後に。

ではでは。

 

 

  • LINEで送る

🔽気になることがあれば相談はこちら⬇️

24時間365日予約を受け付けてます。

お問い合わせ、相談から雑談までLINEからどうぞ。

まだ登録がお済み出ない方はお早めに☆

 


予約、相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.