【グローバルミルボン】スムースシャンプーを徹底解析してみた。

  • LINEで送る

ひさびさにシャンプーの成分を
見てアシスタント時代を思い出した、
Attractの塚原です。


初めての方は、こちらで自己紹介。
自己紹介リンク 
ツヤ髪大学も来年の募集がスタートしてます。
→ツヤ髪大学詳細リンク
レンタル塚原に関しては下からどうぞ。
→レンタル塚原詳細リンク
育毛発毛に関しては下からどうぞ。
→育毛発毛詳細リンク


 

やたらケミカル(成分や髪への作用)に
凝りだした時代があったんですよねww

そんな時代の知識が活きました。

 

ということで勝手に始める、

グローバルミルボンジャーナル。

 

ミルボンといえば日本一大きい
美容室専売品メーカーですが
そんなミルボンが打ち出した
グローバルミルボン。

 

概要についてはこちらを。

 

 

ということでスムース
というラインのシャンプーを徹底解析。

 

 

 

 

スムースのシャンプーは
軟毛、普通毛、硬毛の3種類で、分かれていて

 

狙いは指通りの良いサラサラな髪にする。

 

同じサラサラな髪を目指すにも
髪の太さで配合すべき成分が違います。

なので3種類展開ですね。

 

 

ということで気になる中身はというと。。

 

 

 

ちなみに、
成分表示表は多いものから書かれています。
それは食品にしてもシャンプーにしても。

 

 

 

ゲッ、、、

 

 

まじかよ。。

 

シャンプーに知識のある方なら
わかると思いますが、
避けるべき成分、
ラウレス硫酸Na
いきなり入っています。。

 

 

これは界面活性剤、という皮脂を落とす
洗剤、になるんですが、
非常に脱脂力が高いので
頭皮、髪に負担をかけると言われています。

 

 

市販のシャンプーは大体これが主成分。

 

 

そしてコストを抑えられる界面活性剤なので
比較的、安いシャンプーには大体入ってます。

実はミルボンのシャンプーの
界面活性剤はラウレス硫酸Naが
入っているシャンプーが非常に多い。

 

 

代わりに、
保湿成分や抗炎症作用のある成分を
配合してバランスをとっている製品が多い。

 

 

市販品に関してはそのバランスを取る
保湿成分、抗炎症作用のある成分が
ミルボン製品に対して少ない、ともいえます。

 

 

持論としては洗剤はマイルドに越したことは
ないと思っています。

 

 

しかし、
スタイリング剤、オイルなどを常用する方なら
界面活性剤の脱脂力は必要です。
スタイリング剤も売りたい、
なんて考えてるミルボンの魂胆も
美容師として感じてしまいますね。

 

 

後はコスト安くしても続けられる値段で、
というのもミルボンの考えでしょう。

 

 

このスムースのシャンプーには
それ以外にピンクの線を引いたところが
強めの界面活性剤です。

そんな強い界面活性剤だけではなく、
比較的優しい界面活性剤も含まれていて
それは青色の線で引きました。

 

 

おそらく脱脂力のバランスを取るために
複数種類の界面活性剤を使用していると
考えられます。

 

 

使用感に関しては、
パサパサに感じることもないし
嫌な脂の取れ方もしないです。

 

 

 

そしてこのスムースに関しては
シリコンらしいものは入っておらず
代わりに保湿成分がたっぷり。
あとは炎症を抑える成分も入っています。
保湿成分、抗炎症成分は オレンジ色の線。

 

 

そしてグローバルミルボンが
一押ししてるSSVRシルク
も入っていますね。

 

 

 

SSVRシルクはオイル化されたタンパク質
なので髪の内部に浸透して
髪の密度を高めてくれる効果があります。

 

 

これはグローバルミルボンにしかない、
唯一の成分です。
サロントリートメントの成分が
シャンプーにそのまま配合されている、
と考えてもらえるとわかりやすいですかね。

 

 

忘れてはいけないのが、香り。
ミルボン製品はどの製品もイイ香り。
かなり細かなマーケティングをして
女性好みの香りをこだわって作っています。

 

 

このスムースに関しては
ジャスミンやスズラン、フローラル系の香り。
香りの評判もかなり良い。

 

 

とまぁメリット、デメリットを並べましたが
まとめると、

 

 

メリット
皮脂をしっかり落としつつ、保湿成分、
SSVRシルク配合で、さらさらな仕上がり。
上品な香りで、幸せなバスタイム。

 

 

デメリット
乾燥肌の方、敏感肌の方には刺激、脱脂力が
強いので不向き。
対ダメージ毛ではやや保湿力不足。

 

 

向いている方は

ハイダメージではないが、
少しひっかかりを感じるくらい。
ダメージヘア用のヘアケアを使って
重たく感じる方。

 

 

には最適かと思います。

 

 

成分表示をみて、ラウレス硫酸Naで
あぁ、そうなんだ、、なんて思いましたが
使用感に関してはそこまで
悪く感じないんですよね。

 

 

 

むしろ髪質、肌質によっては
合う方も多いだろうなとブログを
書きながら考えてました。

 

 

ということで長くなりましたが、
きょうはこの辺で。

2019追記)
「ラウリル硫酸ナトリウムと間違えてませんか?」
というコメントもいただきましたが、
ラウレス硫酸ナトリウム使用で
どんなお客様にも勧められるほど
僕は髪に対して甘くないので悪しからず。

 

なので髪や頭皮をを気にするならスムースよりも
こっちのシャンプーの方がオススメ↓

 

【グローバルミルボン】アンチフリッズ解説!後編。

 

  • LINEで送る

🔽気になることがあれば相談はこちら⬇️

24時間365日予約を受け付けてます。

お問い合わせ、相談から雑談までLINEからどうぞ。

まだ登録がお済み出ない方はお早めに☆

 


予約、相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

instagram

Youtube【Ryota Ch】

コメント

  1. ちぃたん より:

    ラウレス硫酸ナトリウムとラウリル硫酸ナトリウムを間違えていませんか?
    ラウレス硫酸ナトリウムはそこまで悪い成分ではありませんよ。
    ミルボンさんに確認した情報だと

    ・情報1…【ラウレス硫酸Na】は現在は植物由来成分となっている。
    以前、製造コストの関係で主に石油から作られていたが、現在シャンプーに入っているラウレス硫酸naは、ほとんどがヤシから作られており、植物性の成分になっている。(ミルボン製品の場合など)

    ・情報2…当然ですが、【植物由来のラウレス硫酸Na】と【石油由来のラウレス硫酸Na】は 全く同じ成分です。
    なぜ高いコストの植物由来でわざわざ生成するのか?
    その理由は0、シャンプーのイメージアップ効果のためです。

    ・情報3…洗浄成分【ラウレス硫酸Na】の特徴としては、非常に泡立ちが良く、水溶性が高い事。 他の洗浄成分と比べると皮脂等の洗浄力は高い部類に入る。

    ・情報4…経皮毒の心配はない。
    【ラウレス硫酸Na】がシャンプーによって化学物質など肌に浸透することはない。
    水溶性が高いため肌に残りにくく、経皮毒(化学物質が肌から吸収される事)や薄毛、発がんに繋がる可能性もない。それを証明する根拠も全くありません。

    ・情報5…肌や髪に対してタンパク変性(タンパク質が硬くなったりする事)を起こすことは無い。
    血液などの一部のタンパク質では変性を起こす事は確認されているが、タンパク変性力は普通の固形石鹸や洗顔料より弱い。
    原液で使用すればタンパク変性を起こす場合もあるが、そもそも【ラウレス硫酸Na】を原液で使用する機会はまずありません

    以上です。

    1. 塚原 涼太 より:

      コメントありがとうございます。
      ラウレス硫酸Naのことについて細かく書いていただきありがとうございます。

      そこまでラウレス硫酸Naが悪い成分ではないことも、すこぶるいい成分でないこともちぃたん様はご存知かと思います。

      ラウレス硫酸Naに関しては市販品でも使われております。

      また、髪を綺麗にしていく、という意味合いでは、わたしが心の底から勧められるレベルの商品ではないです。
      なので向いている方、向かない方を明示してますがわかりづらければ申し訳ありません。

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.