ヘアドネーションその後、、

  • LINEで送る

ヘアドネーションを自分で送ったのは初めて。
Attractの塚原です。

 

先日のブログで、、

ヘアドネーションカットやりました。。

ヘアドネーションカットを
やらせていただきました。

 

 

 

そして切った髪をそのまま
僕が大阪にあるらしい、
ヘアドネーション事務所に郵送。

 

 

 

そしてこれが帰ってきました。

 

初めてだったので、
しらなかったのですが、、

 

 

普通のハガキが帰ってきました笑

 

 

返送用の封筒にこれだけでしたww
簡素すぎるww

 

 

まぁ、下手にお金かけると、
ウイッグにかけるお金がなくなっちゃうから
しょうがないですね。。

 

 

このハガキはご来店されたお客様に、
さらにAttractから郵送しました。

 

 

ヘアドネーションという選択は
あってもいいと思います。

むしろロングからボブやショートにするなら
もったいないので、
ヘアドネーションしましょう。

お客様自身でも簡単にできるし、
めんどくさければ、僕が送っときます。笑

美容を通じて社会貢献は
なかなかできないですが、
少しでも世の中に貢献できるように
していきたいですねぇ。。

ということで今日はこの辺で。

ではでは。

  • LINEで送る

🔽気になることがあれば相談はこちら⬇️

24時間365日予約を受け付けてます。

お問い合わせ、相談から雑談までLINEからどうぞ。

まだ登録がお済み出ない方はお早めに☆

 


予約、相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 井上 より:

    ヘアドネーションについてTVで観て興味を持ち検索して来ました。
    簡素ですかね。
    善意の寄付ですよ。
    何もなくてもいいくらいと思います。
    賛同美容室のそのようなご見解に少しがっかりしました。

    1. 塚原 涼太 より:

      コメントありがとうございます。
      善意の寄付というのも承知の上での記事です。
      記事中にも書いてますが、お金をかけらないのも承知の上ですし、見返りを求めているわけでもなく単純な感想です。

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.